なぜネガティブな感情も味わった方がいいの?

NO IMAGE

こんにちは(^^)

最近、カウンセリングの活動してて、個人事業主さんや経営者さんと
出会うきっかけが増えてきました。

そこで、出会った方たちは、みんな前向き、ポジティブです。
さすが。経営者さん!こういう考えじゃないと、どんどんさばいていけませんもんね!

そこでよく聞くのが次のような言葉。
目の前の起こったことをポジティブに考えて、あまり悩まないようにしているんです
嫌な事考えるのって何だかもったいないじゃないですか? だったら、あまり嫌な事は考えずに、楽しく人生過ごそうって思ってるんです
悩む時間がもったいない。悩む時間があったら、行動に移す

何か、むちゃくちゃポジティブで良さそうな感じじゃないですか?
本人たちも、自分軸をしっかり持たれて、将来に対して、行動できているので、着実に未来に向けて
一歩ずつ進んでいるような感じがします。
実際に結果も出されている方だし、わたしよりも、よっぽどすごい人達なんだろう。うんうん。

・・・と思いつつ、実は、わたし自身は、ものすごくモヤモヤしたものを感じたのでした。

カウンセリングを学んできて、それは違うだろう。
ネガティブな感情も味わった方がいいよ。

みたいな断片的な情報は出てくる。
しかし、その場では、どうしてもバシッと決まるような答えが出ない。

結局その場では、答えが出ず、

「うまくいっているのなら、それでいいんじゃないですかね〜😁」

と、肯定も否定もせず。とりあえずお別れ。

そして、ひとりになったわたしは、
次は、こういう人達にも、なぜネガティブな感情も味わった方がいいのか、
無理やりポジティブに持っていくとあまりよくないのか、説明できるようにしよう

と思い、帰路につくのであった・・・。

はい。前フリ長し。

今回は、
「なぜネガティブな感情も味わった方がいいのか」
「なぜ無理やりポジティブに持っていくのがよくないのか」
みたいな事を書いてみたいと思います。

なぜネガティブな感情も味わった方がいいのか?

ネガティブって嫌な響きですよね。わたしも楽しい事の方が好きなので、なるべく嫌な事は考えたくありません。
感情にも、一般的にポジティブなものとネガティブなものにわけられます。

ポジティブなものは、今回置いといて、
はて。ネガティブな感情ってなんでしょう?

そんなネガティブな感情、思いつく限りで列挙してみました。
・恐怖
・不安
・妬み・嫉妬
・怒り・イライラ
・悲しい
・寂しい
・鬱々する
・◯にたい

うーん。見るだけで、どこか暗黒面に引き込まれそうですよね。
はー。◯にたい(笑)

ただ、この一見ネガティブなやつなんですが、実は、最後までこの感情味わってあげる。と
すーっと消えていきます。
いわゆる平常心に戻るんですね。

この時大事なのは、良い悪いの評価をしない事。ほんとにただただ味合うだけです。

良い悪いの評価をすると、良い時はいいんですが、
悪い時は、自分を責めて責めて責めまくって、消耗しちゃいますからね(;´∀`)

何を隠そうわたしもやってました。
どんだけ、変態なんだ(笑)

慣れない人は、ノートに書き出す事をオススメします。
ノートに書き出すと、客観視がしやすいですよ。

そして、味わった感情は後に残らないので、変に貯まることはありません。

感情を味合わないとどうなるか

さて、このネガティブな感情達。
味合わないで、無理やりポジティブにするとどうなるのか。
どんな不具合が起こるのか。

1. 自分の本音がわからなくなります

 

わたしがやっているノート術のステップの一つに「感情を味わう」という項目があります。
まだデータ数は少ないのですが、今のところ、例外なく、ここの項目がなかなか書けません。

これこれこういう事か。とすぐに解決策とかを思いついて、それはそれで素晴らしい事なのですが、
そうなんだけど、そうじゃない。と言いたい。
だけど、ヘタレで言えませんでした。ほんと、スイマセン(土下座)

そして、ここが「あれっ」ってなるので、その後の項目もうまく進まず、アワアワとするのが、いつものわたしのパターンです。
ほんと、すいませんでした。(本日2回目)

それはさておき。
本音がわからないと、どうなるか。
自分が本当にやりたい事。見つからなくなります。

やってて楽しい事はあると思いますが、実は本音の部分には、自分が心の底から楽しめるもの、
本当にやりたい事が眠っています。
それをやるのが怖いから、2番目以降のやりたい事を人はやっているんですね。

ちなみにわたしの場合、本音の部分は、
女の子になって、おしゃれやおしゃべりを楽しみたい
だったんですよね。

それが一番やりたい事なのに、それが怖いから、
「ゲーム開発がしたい」
「人のサポートがしたい。プログラミング教育がしたい」
みたいに、別のやりたいところにフォーカスしてました。
もちろんこれらもやりたいことではあるんですが、本当の意味で自分が満たされるためには、
本音の部分を叶えていく必要があります。

これは、今も自分で味わいつつ、進めていっているところです。
とりあえず、今の段階としては、「女装して外出する」までは進んでます。

だって、いきなり女の子になるなんて、怖いですもん。
お金もかかりますしね。

これが一点目です。

2. 健康が蝕まれたり、犯罪に手を染めたりします

無理やりポジティブに持っていくと、その時感じたネガティブな感情は、心の奥底へと
封印されます。

そして、その溜め込まれた感情はどこに影響するかというと、
その人自身の身体に影響します。

結果、ひどい病気になって、健康を蝕まれたり、
溜まりに溜まった感情が爆発して、誰かに八つ当たりしたりだとか、
最悪の場合、犯罪に手を染めることになります。

ニュースとかで、カッとなって刺した。みたいな事件あるじゃないですか?
それも感情溜め込みすぎた結果、爆発して、ああいう事が起こっているんじゃないか。って思います。
怖いですね。

あとは、お金持ちとか、世間でいうところの成功者なんかが、ガンになったとか、早くに亡くなった。
とか言うのも、こういう感情の溜め込みが関係しているのだとか。
一概にはいえませんけどね。

これが2点目です。

まとめ

「ネガティブな感情もちゃんと味わってあげてね」
「無理やりポジティブにもっていくと、感情感じにくくなって、大変な事になるよ」

というお話でした。

時間がない。忙しい。という方も、5分間とか短い時間でいいので、ネガティブな感情もちゃんと味わってあげてくださいね。
最初は、拗ねて本音の部分、聞こえないかもしれないですが、慣れていけば、聞けるようになっていきますよ(^^)

ぜひ、試してみてはどうでしょう?
ではでは。