普通の生き方とか無理でした。

普通の生き方とか無理でした。

どうも、日本一ウソをつきつづけてきたカウンセラー

なおです。

何か最近自分を知れば知るほど、

普通の生き方。って、無理だな。って思います。

今日もしんみり、そんな事を考えながら、ブログを書いてます。

 

まあ、そもそも最初から、普通の生き方なんて目指していなかったのかもしれません。

 

ゲーム業界に入ろうと思って、ゲーム業界に入っただけでも
相当特殊なのに。

その上

カウンセリング学んで、カウンセラーになろうとしているし、
性同一性障害が発覚して、女性になろうとしているし、

 

最近、ADHDの傾向がある事に気がついて。
興味ないものには、一切興味を持たないが、
興味あるものには、集中しすぎるほど集中しすぎて、

疲れやすい
じっとしてられない
色んな情報が入りすぎると、脳が処理しきれなくなって、頭がパンクする。

果ては、

人と会うのが怖い。と言って、
恐怖で、全身が震えたり。

ほんと、これでもか。というほど、色んなことに気が付きます。

 

あとは、去年あたりですが、

 

目が突然見えなくなって、

駅員さんに連れ添われて、電車乗る経験したり。

 

トイレで突然足が動かなくなって、

社長に助けを求めるような経験もしましたし。

 

あとは、声が出なくなって、警察の人と筆談する。

みたいな経験もしましたな。

 

耳が聞こえない経験は、してないですが。

何か必死で、聞こえないようにしてた記憶はあります。

 

今思っても、

なんでこんな事していたんだ。

と、自分でもわからない行動がいろいろとあります。

すべて、自分の心の声に従って、やっていたって事ぐらいですが。

さすがに、屋上から飛び降りて死ね。という声には従いませんでしたけどね。

 

わんさか出てきます。

今でも、けっこう不思議体験をしているなー。と思うのですが、
ある意味、そういう経験をしたから、気持ちはわかりやすいのかな。
と思います。

 

目が見えない世界は、ほんとに孤独だな。と思いました。

まるで世界にたった一人置いてかれてるような感覚。

誰にもわたしに気づいてもらえないんじゃないか。という恐怖。

そんなのがありました。

だから、一言、お手伝いしましょうか? という声がとても

嬉しいんです。

まるで暗闇の中に一筋の光が刺したような、そんな感覚。

 

声が出なくなっても、文字を書けば、意思疎通はできます。
パソコンの音声出力機能で、文字を言葉に出して、生活している方もいました。

足が動かなくなっても、車いすに頼って生活できます。
人に頼れば、何とか生活はできます。

発達障害でも、ADHDでも、
程度の差はあれ、できる・できないがはっきりします。

 

こういう時、

特に、身体に障害が残る人ほど、

あの時あーしておけば。あーしなければ。

って後悔は残ると思います。

 

わたしも、性同一性障害じゃないか。自分が女性になりたい。

という気持ちがあるんじゃないか。という事に気がついた時、

苦しみましたし、今でも正直進むのは怖いです。

まるで天地がひっくり返ったような絶望が襲ってきます。

そこから、まるで雪崩のように色んなことが降り掛かってきて。

スカートを履くと安心感がある。

ADHDの傾向がある。

社会が怖くて、人に必要とされてないんじゃないか。と思って震える。

そんな数々の経験をしました。

 

それでも生きています。

それだけは事実です。

 

何かが発覚した時、辛いことは色々あれど、

すべて、それを受け入れたところから始まるんじゃないか。

ある意味、それが個性なんじゃないか。

それが自分らしい。って事なんじゃないか。

自分らしく生きるって事なんじゃないか。

そう思います。

 

何か最近は、しんみり。とそんな事を考える事が多いのです。

たぶん文章とかめちゃめちゃで、何が言いたいんだ。

って、自分でもわかっていませんが、

今日は、あえてそこまでまとめずに、自分の心情を書いてみました。
(ちょっとまとめようとした)

正直、駄文かも。しれません。

 

ただ、誰か生きづらさを感じている人に

届けばいいと思って、書きました。

 

とりあえず生きていればいいんだ。

それだけで価値があるんだ。

と。

そうすれば、自然と湧き上がってくる何かがあるから。

自然と浮上してくるから。と。

 

周りを見ていると、そういう事で苦しんでいる人多い気がします。

自分でも、まだ生きづらさを感じている部分はありますし、
完全に、受け入れられているか。というと、まだまだ進めてないな。と
感じる事も多いです。

ただ、それでも、少しずつ進んでいきたいとは思ってます。

 

人を救う。なんて、たいそうな事をいうつもりはありませんが、

 

自分が苦しんできた部分が、誰かの役に立つといいな。と思います。

ゲームでいう、白魔道士のように、身体の傷は治せないけど、

誰かの心の傷を癒やす。ような役割をできたら。と思ってます。

 

何の話だろう。

まあいいや。

そんな脈絡もない感じで、今回は締めたいと思います。

気が向いたら、リライトします。

P.S.

たまたまいいアイキャッチ画像ないかな。って思って、
ドラえもんのコマ見つけたんですが、こんなにも前から、
自分らしく生きろよ。って言われてたんですね。

ゲーム・アニメなどの娯楽には、大切な事が詰まっている。
最近になって、ますますそう思います。






自分の心に嘘をつき続けて、自分の本当に好きなことがわからなくなってしまった人
夢をあきらめたくないけど、どうすればいいかわからない人
ほんとはいろいろと話したいけど、否定されるのが怖くて、話せない人
自分らしく生きる事に興味があるけど、その一歩がなかなか踏み出せない人
人に言えない悩みがあるけど、なかなか人に相談できない人
自分の心に嘘をつくのに疲れた人
もう自分の心に嘘をつきたくない人

などなど

まずは、わたしに相談してみませんか?

興味ある方、お問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。